トートバックの選び方 カバン選びのポイントと手作りカバン・修理・作り方の鞄屋

トートバッグを使いこなそう

ストーンとした、ずんどう型で口が広く、マチがついた、収容力のあるトートバッグですが・・・

トートバッグは、出し入れしやすく、ちょっとしたお出かけでは欠かせないバッグではありますが、いろいろたくさん収容入るので、ついつい入れすぎてしまってカバンがパンパンになったり、バッグに入れたにもかかわらず必要なものが見つからず、ごそごそ探し続けたりといったことになりがちです。

人から見てもバッグがパンパンに膨らんでいるのは、ちょっとみっともないものです。

ですから、日常使うものを入れても、少し余裕がある程度の大きさのトートバッグを選ぶのがポイントです。

トートバッグの中から必要なものをすばやく見つけ出すコツは、バッグの中のポーチの活用にありますので、飴玉や化粧品は化粧品ポーチへ、ペンや手帳などはビジネスポーチへ、定期券やハンコなどはマネーポーチなどと用途別に分類しておきましょう。

こうすれば、バッグを変えるときも、トートバッグから物を出すときもスマートですしトートバッグの中身が見えたときも、整頓されていて綺麗ですね。

また、おしゃれにトートバッグを使いたいときは、ファスナーがついているものを選ぶと、中身が見えにくく見栄えがします。

トートバッグについて

トートバッグとは?
物を入れて持ち運ぶための簡易な袋(バッグ)のことですが、トートバッグのもともとの用途は、アウトドアのキャンプなどで水を運ぶための袋で、丈夫で厚手の生地が使われ、通気性、防水性に優れたものだといわれています。

トートバッグは、一般的にマチつきで収容力の大きい、シンプルな作りが特徴で、丈夫な持ち手がぐるりと縫いつけられたものです。

最近は、トートバッグというと、出し入れしやすいちょっとした物入れ全般を指すことが多いようですが、ショッピングバッグや、スクールバッグなど、さまざまな素材やデザインのものが多いです。

生活に密着した機能を持つトートバッグは、シーンに合わせて選びたいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。