かばんの修理 カバン選びのポイントと手作りカバン・修理・作り方の鞄屋

カバンを修理してみよう

バッグのメーカーや種類によっては、カバンを製造した場所や職人の名前が刻まれているようです。
修理に出すと、その職人が責任を持って修理するようなものもあるようです。

ルイヴィトンは、ブランドバッグの中でも人気がありますが、修理工場の数が豊富で、ファスナー1つが壊れてもすぐ修理してくれ、アフターサービスが充実していることでも定評がるようで、他のメーカーのバッグの場合は修理工場が少ないといわれています。

ブランド修理工場がないときは、カバンの修理職専門店に、修理に出してみましょう。

カバンの修理を出す際は、どのように直すのか、予算などの要望を詳しく相談し、紐を付け直す場所を変えたり、ファスナーや錠前、ホック、ひもなどは修理と取替えが選べます。
また、本革の染め直しや、裏地の取替えなどまで広く対応していますが、国産品のバッグ以外は取り扱わない店もあるようですのでご注意ください。

ブランドバッグは、多少の使用感は使い込んだ風合いにも見栄えがしますが、さすがにボロボロになってしまうとかえって貧乏くさいと敬遠される傾向もありますのでm製造メーカーや、カバンの修理店を利用して、カバンを長く美しく使い続け、本物志向を極めたいですね。

カバンの修理について

カバン修理をする人が、最近増えてきているとのことです。

カバンは、日本の経済成長、大量消費時代をむかえ買い換えることが多く、カバン自体を修理する人も余りいなかったのです。
その結果カバン修理職人が次々と消え、ブランドバッグなどの小売店ばかりが増え続けてきました。

最近は豊かな時代になったと感じていたのですが、ここ数年で5年前の5倍も、ブランドバッグなどのカバン修理依頼が増えているというショップもあるようです。

カバン修理では、色あせたブランドバッグ、とめ具の取れたランドセル、ひもやファスナーの壊れたバッグなどが、1つ1つ丁寧に、カバンとしての修理方法が検討され、カバンの所有者の意向をくみながら作業され、熟練したカバン修理職人は、二度と壊れない丈夫さを備えた美しさを求め、丹念に糸を通し、かばんに愛情を込めるといわれています。

カバン修理ではありませんが、使われなくなったランドセルの部品を再利用してミニチュアにして残すようなこともありますよね。

これはカバンの思い入れを大切にするカバン修理職人のアイデアなのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。