カバンの修理について カバン選びのポイントと手作りカバン・修理・作り方の鞄屋

カバンの修理について

カバン修理をする人が、最近増えてきているとのことです。

カバンは、日本の経済成長、大量消費時代をむかえ買い換えることが多く、カバン自体を修理する人も余りいなかったのです。
その結果カバン修理職人が次々と消え、ブランドバッグなどの小売店ばかりが増え続けてきました。

最近は豊かな時代になったと感じていたのですが、ここ数年で5年前の5倍も、ブランドバッグなどのカバン修理依頼が増えているというショップもあるようです。

カバン修理では、色あせたブランドバッグ、とめ具の取れたランドセル、ひもやファスナーの壊れたバッグなどが、1つ1つ丁寧に、カバンとしての修理方法が検討され、カバンの所有者の意向をくみながら作業され、熟練したカバン修理職人は、二度と壊れない丈夫さを備えた美しさを求め、丹念に糸を通し、かばんに愛情を込めるといわれています。

カバン修理ではありませんが、使われなくなったランドセルの部品を再利用してミニチュアにして残すようなこともありますよね。

これはカバンの思い入れを大切にするカバン修理職人のアイデアなのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。